« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月25日 (木)

遠隔無料ミューヒーリングのお知らせ~2014.10






秋分の日の空。次の日も札幌は日輪が出てましたね♪


先日のミューヒーリングは如何でしたか?
ミューにしては珍しく、下から突き上げる感覚を覚えた方が多かったようです。


シャスタのハートレイクにあるテロスの神殿があると言われている場所で、テロスのエネルギーセンターである水晶にしっかりとミューを繋げた感覚があったので、もしかしたらそれでより下からの感覚が強く感じられるようきなったのかもしれません。

3日のミューヒーリングの時の感想を頂きました。

************

3日シャスタからのミューのエネルギーは、今までミューヒーリングの中では感じた事がないほど、と~~~んでもなくパワフルでした。

凄く楽しみにしてたのです。

予感的に何かが起こる様なワクワクする感じだったので。

今回は上からくる感じではなく、地からドォ~~~ンと入って来ました。

そして足から頭にかけて身体の中を龍のような波打つうねる様な凄く強くて太いエネルギーが入って抜けていきます。最初から横になって受けているのに。

まるで地響きみたいな感じ。

それが通り過ぎて、今度は身体の中の細胞、もっと小さい、まるでDNAレベル。 それが無数の光の粒になって身体の中じゅうがその状態です。まるでDNAの再編成されるかの様な感覚。

一般的には2本のDNAと言われていますが、スピリチュアルの世界だと12本と言われてますよね。

最初が2本のDNAがバラバラになって、残りのDNA、つまり12本全部を感じる事が出来て、それら全てがバラバラになって光って再編成される感じでした。

遺伝子の書き換えと再編成、光の粒子になって組み立てられていきます。

ちなみに活性化されながら。

身体の中がそんな事になってる間に、今度は天から額のチャクラに向けてエネルギーが流れています。

遠くに人らしき気配が。たぶん直感的に思ったのは、レムリアの最高責任者アダマさん?

そんな感じがしました。

それらを感じながらヒーリング終了しました。

すごかった…。

そして、その後。滞っていた事がらや問題が、ものすごいスピードで動けば解決していきます。

加速するスピード、と言ったところでしょうか?

 

ありがとうございました!     (札幌市 Sさま)

********************

エネルギーを受け取っている時、頭に円盤があってパーッて光が注いでいた感じ。

温かかったよ。 爽やかでさーっと入ってくる感じ。

母は大浄化が起こり、エネルギーを受け取ってからずっとトイレにいたそうです(笑)

(0町 Tさん)

********************

では恒例のミューヒーリングのお知らせです。

10月1日(水)21時30分から10分間ミューをμAngelsが遠隔で流します。

お申込みは当日の21時20分までと致します。

ご希望の方は、

1. リアルタイム(当日21時30分から10分間)で受け取る方法か...

   コールイン(当日21時30分から翌日21時29分までのお好きな時間の中での10分間で受け取る方法)で受け取るかを決めてください。

2. 住んでいる場所(都道府県と市町村まででOK)

3. 名前(ハンドルネームでもOKですが、出来ればお名前を書いて頂いた方がBESTで す。)

1.2.3. を記入し、こちらのブログのコメントから、またはAngeliteのホームページのお問い合わせから当日の21時20分までにお申込み下さい。

Angelite Kazumiの携帯、パソコンアドレスをご存じの方は、そちらから直接お申込み頂いても構いません。



リアルタイムでの受け取りをご希望の方は、1日21時30分に「ミューを受け取ります」と宣言して(心の中で呟いてもOK)10分間、なるべく静かな場所でリラックスしてお受け取り下さい。

コールインでの受け取りをご希望の方は、1日21時30分から2日の21時30分までの間の都合のよい10分間で「ミューを受け取ります」(心の中で呟いてもOK)と宣言し、リアルタイム同様なるべく静かな場所でリラックスしてお受け取りください。布団に入って受け取ってそのまま寝てしまっても構いません。


ミューを受け取った日はとても良く寝れるという方がたくさんいますので、熟睡したいという方には特におススメです。


自分のエネルギーチャージや浄化、天然石の浄化&パワーチャージ、オーラのお掃除、チャクラを整える等、または何も考えずにただ受け取るだけでも構いませんし、肉体の外側だけに流すというのでも構いません。ご自分でいろいろ試しながら受け取ってみてください。


ミューを受け取って直ぐに変化を感じられる方から、何日かしてから何かが変わったと思えるような体験をされた方など、それぞれにいろいろな変化のパターンがあるようです。

何も変化がないと思われていたとしても、ちゃんとミューは届いていますので安心して下さいね。



ヒーリングを受け取った最後に、そのまま地球にミューを流して還すイメージをして頂ければお住まいの場所への土地のヒーリングも兼ねる事ができます。

出来れば地球への感謝や愛も思って受け取って頂ければ嬉しいです。


ミューのエネルギーについてはこちらをご覧ください。

簡単でも感想を頂けるとμAngelsの励みになります。(*^_^*)

なお、お申込み頂いた方それぞれへのお返事はお返ししておりませんのでご了承ください。m(__)m

 

2014年9月18日 (木)

苫小牧でイベントに出展します

今度の21日(日)に、ご縁があり苫小牧市民会館3階小ホールにて
『vol5 kirakira fair ~癒しとスピリチュアルの体験スペース~』
に、出展させて頂く事になりました。


私は、いつものようにミューを流しヒーリングをしながら、必要なメッセージをお伝えします。
そういえば、前に、「メッセージというより、スピリチュアルよろず相談」と言って下さった方がいて、本当にそう言った方が良いかもしれません(笑)
直ぐに実践出来るようなアドバイスをさせて頂きます。
もちろんヒーリングだけでも構いません^_^

今回もイベント価格で15分1500円でお安くなっています。

ちなみに、出展される方皆さんもイベント価格です。


パワーストーンのサポートブレスレットも持って行きます。

お近くの方はどうぞ遊びにいらして下さいね^_^

2014年9月16日 (火)

シャスタ&セドナへの旅〜その2







3日のミューヒーリングの後の朝日に輝くシャスタ山と幻日。



シャスタでは、幾つもの滝を見に行ったりトレイルを歩く毎日でした。
よく筋肉痛にならなかったと思う位、セドナも含め全行程かなりハードな毎日でした。


ガイドをしてくれているYさんと、トレイルを歩きながら「(自分がなるとしたら)何番になるのが好きか?」という話になりました。
私は二番手が好きだと答えると、Yさんが「Kazumiさんは一番が好きなんだよ。」と言います。
何故ならば、私はせっかく教えてもらったことも自分流でやってしまったり等々あるからだそうで(それはただの大雑把と面倒くさがり故の事と私は捉えていたけれど)、Yさんに言わせると「ミューのエネルギーもオリジナルだし、全部自分でやってるじゃん。だけど、教えてもらった通りやっていくのが二番でしょ。それが出来ない自分流の人は、誰の物でもないことをやるんだからそれは一番になるんだよ。だから自分の中で一番になれば良いんじゃない?」と。

「そうなのか…?私は二番が好きだったんじゃなく一番になりたかったのか?」とそんな感じで、その時の私はそれ以上深く考えませんでしたが、その後メディスンレイクへ行く道中『なるほど、そんな風に考えた事はなかったけれど、確かにそう言われたら自分流は一つしかないものだし、それは一番と言われたら一番かぁ…。』そんな事を考えながらメディスンレイクに到着しました。


メディスンレイクでは泳ぐ予定でしたが、水が冷たかったので膝丈迄浸かって水を楽しんでいました。
風もなく、太陽も眩しくとても気持ちが良くて、何気なく「じゃあ私一番になる。」と呟いてしまいました。

その途端轟音と共に、突風が湖畔の林だけに吹き荒れました。
私達には音だけで風も感じませんでしたが、木々がゴーッという物凄い音をたてて揺れています。
それが収まりかけると、今度はパチパチパチとまるで木々が拍手をしているかのような音になりました。
「拍手しているみたいだね〜♪」と私は言いながらハッと気づきました。

もしかして私が「一番になる。」と言ったから?

ふと見ると、キラキラと光の粒が湖の上に光の道を作り、私の足元へ向かって来ています。
前に洞爺湖でも同じことがあり、場所を変えてもついてくるのが不思議だったので、ここでもあちらこちら歩いてみましたが光の道はやっぱりついて来ます。




Yさんが「あっ、彩雲!」と。
Tちゃんは、「あの風は誰かの問いかけに対する答えだと感じた。」と。

拍手に光の道に彩雲♪
YさんとTちゃんそして私に、なんだか凄い応援をもらった気がしてすっかり嬉しくなりました(^-^)



シャスタを離れる日。
シャスタを離れると思うだけで、寂しさと充足感で涙が止まりませんでした。
リアルテロスもアダマさんもなかったけれど、こんなに心から幸せな気持ちになれるなんて思いもよりませんでした。

十二分に満足して、いや、シャスタに心を残しつつセドナへ向かいました。


セドナにはいつかは行ってみたいとは思っていたものの、それ程の気持ちはなかったのであまり期待もしていませんでした。

けれど東京からのOさん親子と合流して五人の旅になったことで、空気がガラッと変わり気さくなOさん親子に旅は益々楽しくなりました。もちろん初めて会ったとは思えませんでしたよ(^-^)

セドナでは沢山の虹が迎えてくれました。









「えー?ここ登るの?嘘でしょ〜。」なんて思わず言ってしまうような岩登りの毎日。
その時はブーブー言いながらも、登り切って上から見下ろす景色には感動です。





いつもエネルギーの違いを感じるのに、不思議とそれぞれの岩のエネルギーの違いは私には感じられませんでした。
心地良さは感じても、これがこんな感じという風にはとらえられませんでしたが、Tちゃんには明確な違いが感じられたようでした。


私は黙々と歩き登りながら、そこに生まれる自分のネガティブな感情に気づき、それを見つけては手放すということが何回かありました。
それが終わると本当に何もない『無』の境地になりながら岩の上を目指しました。
そんな修行のような毎日の岩登り(笑)


そうそう、ボイントンキャニオンでは、そこに出没するハートの石をくれるおじさんの話をYさんが教えてくれた途端、そのおじさんが本当にひょこっと現れて私達もハートの石をもらえましたheart




たまたまスーパームーンの満月の日の夜、この旅で唯一セッションを受ける事にしていたアイルさんという日本人のヒーラーさんの所に伺うことになっていました。

でもその前に、ネイティブの人が作る羽根が欲しくて探していた私は、最後の望みを託してアイルさんの家の近くにある三軒目のお店に寄ってもらいました。

そのお店には羽根が置いてあったのですが、私が望んでいたような物ではなく、色も値段も違い諦めかけました。
でも諦め切れなかった私は、Yさんに通訳を頼んで一人いた店員の女性に他に無いか訊いてもらうことにしました。

何とそこで奇跡が起きました‼︎
羽根はその女性が作っていたもので、私の希望に合わせて彼女のインスピレーションで私の為に作ってくれると言うのです‼︎
おまけに彼女は、月二回しか(娘さんがやっている)そのお店に手伝いに来ないのだそうで、今日がたまたまその日だったとのこと。
そんなことって本当にあるの〜⁉︎と、夢を見ているような感覚になりました。

彼女は占星術などもやっているネイティブとのハーフの方でした。

そうして、彼女のインスピレーションを通して希望通りの羽根が、スーパームーンの次の日に私の所に来てくれました。


それだけでも私には十分過ぎる出来事でしたが、アイルさんのセッションでも正にシャスタからの流れを締めくくるに相応しいメッセージを頂き、更に「この旅は、それを再確認させる為のものだったんですよ。」と言われ、いつまでもウダウダしていた私への高次の存在の方々からの出来過ぎな演出に、ただただ感謝と感動で涙が止まりませんでした。




感動のセドナを後に、帰りの飛行機に乗る為に夜のフェニックスを車で移動中、花火が突然上がりました。
花火大会でもやっているかのような花火に、まるで私達を祝福しているかのようだね〜heartと、その粋な演出に全員感動し、出来過ぎな旅は無事に終わりました。

2014年9月14日 (日)

シャスタ&セドナへの旅〜その1




念願だったシャスタ山へ行って来ました。

ミューのふるさとの地下都市テロスがあるシャスタ山。
レムリアンの時の私が入っていた水晶に「テロスへ行け。」と言われて七年。


毎年石の買い付けがてらシャスタやセドナに通っているYさんに、ガイドをお願いすると何年も言い続け、ようやく「来年(今年のこと)行けることになりましたので宜しくお願いします。」と去年の秋に伝えていました。

それをたまたま聞いていた(今回同行した)Tちゃんが「私も一緒に行く!」と手を挙げました。

なのに今年の初め、「行かねばならぬ!」と思っていた気持ちが「ミューも預かって来たしもう行かなくても良いのかも?」とふと思ったのがきっかけで、主婦だしお金の問題もあるし…などと考え始め行くのをやめる事にしました。


それから3ヶ月位経った頃、急に「行かねばならぬの義務としてではなく、私個人として行ってみたい。」と思い始めました。

それをYさんに伝えようとした矢先、Tちゃんから「私一人でも行くことにしたから!」と連絡が来ました。それならとバタバタと決まったのが確か6月。

そんなこんなで、Tちゃんが行きたかったセドナへも行くことになりました。




必要な事しか起きない。そう考え日程等全てYさんにお任せしました。

二転三転した日程も、決まってみたら9月3日の遠隔ミューヒーリングの日と9日の満月が日程に入ってました。

これはシャスタからミューのエネルギーを送りなさいということなんだと嬉しくなりました。


出発当日迄、本当に行けるんだろうかと何故かずっと半信半疑だったので、ワクワクするでもなく淡々と過ごし出発当日を迎えました。

千歳空港で待ち合わせたTちゃん。
何故かTちゃんも「本当に行くんだよね私達。」と(笑)
私と同じ気持ちだったようでした。

「シャスタへ着く迄安心出来ない。」と二人共そんな気持ちでしたが、飛行機も珍しいオンタイムで無事にYさんと待ち合わせしているレディングの空港に着きました。(ちなみに今回飛行機は全てオンタイムでした^_^)


Yさんの運転する車でシャスタ山の麓のシャスタシティに入りました。

シャスタ山を見たら泣くかもーと思っていましたが、乾燥による山火事の影響で周りは曇って何も見えませんでした。

けれど到着して直ぐに、シャスタ山の頂上近く迄車で連れて行ってもらいました。



思っていたより標高も高く、山頂部分には木が生えていません。
ちょっと昭和新山に似ている山肌でした。

頂上から少し降りて、セントジャーメインが現れたというパンサーメドウズのアッパーメドウに行きました。



乾燥で花が綺麗に咲いている筈のその場所は茶色が多く寂しい感じでしたが、その中を通る湧き水からの小川があり、そこに持って行った石を置くと一瞬で浄化され驚きました。

そして湧き水の源泉近くで思い立ちミューを流させて頂きました。
ミューを流した途端、鳥が囀りだし何処にいたのか他の鳥達もどんどん囀りだしました。

ミューを流し終えその場を去ると、程なく鹿も3頭現れました。


次は山を降りてマウントシャスタシティパークへ行き、クリスタルガイザーで知られるサクラメントリバーの源泉水からお水をたくさん汲んで来ました。ここのお水はなんとそのまま飲めるのです。



翌日は心配していた山火事の煙も収まり、ようやくシャスタ山が街から見えるようになりました。

この日はキャッスルレイクとハートレイクに連れて行ってもらいました。
シャスタ山から少し離れた場所にあるキャッスルレイクはテロスの入り口があると言われています。




ハートレイク迄トレイルを歩いて1時間位。
ハート型の小さな沼ですが「雨が降らず乾燥でハートブレイク。」とYさん^_^;




ハートレイクから見える大きな岩の上にシャスタ、シャスティーナ、ベビーシャスタの親子山を見ながら座ると、とても穏やかな安心した気持ちになり時間を忘れて座っていました。




ハートレイクの前にあるこの大きな岩がテロスの神殿と言われているそうです。




ここに座っていると、テロスがとても身近に感じました。
瞑想をすると、アダマさんやテロスの人々が出て来ました。
ミューを流すと「ここはテロスだからミューは流さなくても大丈夫だよ。」と言われた気がしました。


シャスタでは、何処にいても凄く深い癒しを感じましたが、例えて言えば全てが過不足なくある「無」。宇宙的な無限の広さを感じる「無」の場所という印象でした。


実際のシャスタはとにかく水が豊富で、水と共にある素敵な場所が沢山ありました。







宿泊したストーニーブルックインはシャスタ山の南側にあり、シャスタからのエネルギーラインの真上に建っていて、パンサーメドウズからの水を水道にしているという素晴らしいホテルでした。




3日のミューは、朝5時半の真っ暗な中、ストーニーブルックインの裏側にあるシャスタ山が真ん前に見える場所に立って流し、アダマさんはじめ、セントジャーメイン等沢山のマスター達がサポートして下さり至福のヒーリングになりました。









« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »