« Archangels のショートリトリート第2弾 | トップページ | 講座のお知らせ »

2014年10月29日 (水)

遠隔無料ミューヒーリングのお知らせ〜2014.11





今日札幌に初雪が降りました。

雪に慣れているとはいえ、やっぱり暖かくて雪は遅いのが私は好きです^_^;


シャスタ&セドナの旅から戻ってきてから、不思議な事に仕事の依頼が増えコラボセッションのお誘いやら何やらでこちらの方のお仕事が活気付いています(^-^)

何でしょう?私の意識が変わったというだけでこんなにも大きく動くんですね。
有り難い事です(*^_^*)


新たに講座も開きます。
今度は【ヒーリング講座 入門編】です。
ヒーリングは特別な物ではなく、誰もが出来るものなのです。
その誰もが出来るヒーリングの基礎的なノウハウを学んで、安全に簡単にヒーリングが出来るようになる講座です。

11月23日(日)と12月5日(金)の11時〜16時、どちらかご都合の良い日を選んでお申し込み下さい。料金は8000円です。


そして、先日の10月8日の月食の満月の日に満月のエッセンス(波動を転写したもの)を作りました。
ミューの浄化のエネルギーと満月のエネルギーが入った【浄化用】、ミューのチャージのエネルギーと満月のエネルギーが入った【チャージ用】の2種類です。一本2000円(送料別)です。




と、お知らせが続きましたが、恒例のミューヒーリングのご案内です。

11月5日(水)21時30分から10分間、ミューをμAngelsが遠隔で流します。

お申込みは当日の21時20分までと致します。

ご希望の方は、

1. リアルタイム(当日21時30分から10分間)で受け取る方法か...

   コールイン(当日21時30分から翌日21時29分までのお好きな時間の中での10分間で受け取る方法)で受け取るかを決めてください。

2. 住んでいる場所(都道府県と市町村まででOK)

3. 名前(ハンドルネームでもOKですが、出来ればお名前を書いて頂いた方がBESTで す。)

1.2.3. を記入し、こちらのブログのコメントから、またはAngeliteのホームページのお問い合わせから当日の21時20分までにお申込み下さい。

Angelite Kazumiの携帯、パソコンアドレスをご存じの方は、そちらから直接お申込み頂いても構いません。



リアルタイムでの受け取りをご希望の方は、5日21時30分に「ミューを受け取ります」と宣言して(心の中で呟いてもOK)10分間、なるべく静かな場所でリラックスしてお受け取り下さい。

コールインでの受け取りをご希望の方は、5日21時30分から6日の21時30分までの間の都合のよい10分間で「ミューを受け取ります」(心の中で呟いてもOK)と宣言し、リアルタイム同様なるべく静かな場所でリラックスしてお受け取りください。布団に入って受け取ってそのまま寝てしまっても構いません。


ミューを受け取った日はとても良く寝れるという方がたくさんいますので、熟睡したいという方には特におススメです(*^-^*)


自分のエネルギーチャージや浄化、天然石の浄化&パワーチャージ、オーラのお掃除、チャクラを整える等、または何も考えずにただ受け取るだけでも構いませんし、肉体の外側だけに流すというのでも構いません。ご自分でいろいろ試しながら受け取ってみてください。


ミューを受け取って直ぐに変化を感じられる方から、何日かしてから何かが変わったと思えるような体験をされた方など、それぞれにいろいろな変化のパターンがあるようです。

何も変化がないと思われていたとしても、ちゃんとミューは届いていますので安心して下さいね。



ヒーリングを受け取った最後に、そのまま地球にミューを流して還すイメージをして頂ければお住まいの場所への土地のヒーリングも兼ねる事ができます。

出来れば地球への感謝や愛も思って受け取って頂ければ嬉しいです。


ミューのエネルギーについてはこちらをご覧ください。

簡単でも感想を頂けるとμAngelsの励みになります。(*^_^*)

なお、お申込み頂いた方それぞれへのお返事はお返ししておりませんのでご了承ください。m(__)m

« Archangels のショートリトリート第2弾 | トップページ | 講座のお知らせ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2002925/57813523

この記事へのトラックバック一覧です: 遠隔無料ミューヒーリングのお知らせ〜2014.11:

« Archangels のショートリトリート第2弾 | トップページ | 講座のお知らせ »