« Pastel angels vol.30のお知らせ | トップページ | 死骸のポーズからの気付き »

2017年3月28日 (火)

良い悪いの枠

Picsart_0328121103


26日の Pastel angels のイベントにお越し頂いた皆様、有り難うございました。

今回は天使からのメッセージということで、サポートしてくれている天使と繋がれるようお手伝いさせて頂きました。


使用したカードはとてもパワフルなので、セッション後に撮って頂いた写真を見て、またそのエネルギーにどんどん繋がってサポートしてもらって下さいね(*^^*)


ところで、先日、めったにないことに弟からの電話。


「霊が見える人二人に、(6年前に亡くなった)嫁が見えると言われたんだけど、どうしたら良いんだろう?」と。


え?ホント?

今まで彼女が亡くなってから、気配は全く感じられなかったのに上がってないって?
実はその全く感じられないというのが奇妙ではあったのだけど。


こういう仕事をしているので、成仏していない方がふらふらしてたら上がるようにたまにお手伝いをすることはあったのだけど、身内なのに上がってないってどういうこと!?

と、彼女が上がるようサポートしました。


念のため、そこを得意分野とする友人にも確認してみると、
「上がってないみたい。」って。


ガーン(|| ゜Д゜)

そんなこと未だかつてないよ!どうしたら良いの!?
と、身内故に半ばパニック!!


で、ここでちょっと説明。

その上がるか上がらないかというのは、その人の想念のことで(魂は皆還り、いわゆる幽霊とはその想念なんだという説に今は賛同しており)魂が上がっていないということには私は捉えていません。

でも、ふと疑問が…。

あれ?何故上がってないとダメだと思っているの?
何故上がらないと不幸だと思っているの?


そこにいるのが悪いって、悪影響及ぼすし、本人の為にもならないって。

ずっとそう思い込んで、何かあったら良くないからってサッと上げちゃうみたいなことずっとしてたなぁ。


だって気持ちは残っていたいから残っているだけだろうに。


本人が上げて欲しいとも言ってないのに、何で上がらなきゃ不幸だって勝手に思っていたんだろうって。


あれ?
私、凄い傲慢だったかも!!

私にとって四次元は嫌な怖い存在でしかなかったのだけれど、友人らのお陰で色々な気付きがあって、

本来創造主が作った世界は、ただ有る、いるだけ。そこには良いもの悪いものの区別はない。

そこに良し悪しをつけているのは自分の気持ち。
その気持ちも、今までの皆の気持ちを通してのこういうものに違いないという思い込みと自分が作った基準の枠でしかないこと。


そういう枠を無意識に作って、その枠を通して見ていただけのこと。


と、腑に落ちることがあり。


なのに、霊的なこととは別問題になっていたんだわ。


あぁ、私にとっての四次元への意識は、今とても軽くなった気がするよ🎵

そして、本当に必要なことしか起きないんだわと、今回もまたつくづく思うのでした。


・これはいわゆる浮遊霊といわれているものへの対応で、頼まれてもいないものはやらないということで、霊的な想念に影響されている場合等は別です。

« Pastel angels vol.30のお知らせ | トップページ | 死骸のポーズからの気付き »

スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2002925/70072816

この記事へのトラックバック一覧です: 良い悪いの枠:

« Pastel angels vol.30のお知らせ | トップページ | 死骸のポーズからの気付き »