« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月19日 (火)

関西方面旅行パート2

Picsart_0919091118

娘からUSJの招待券が当たったので一緒に行かないと誘われ、それを良いことに大阪にいる息子の所を拠点に関西方面へ一週間行ってきました。

先ずは関空から直行で住吉大社へ。


私は小樽の住吉神社の清々しさが好きなので、今度関西へ行くことがあれば是非住吉大社へ詣でたいと思っていました。


平日だったからか、人もまばらでとても静かな、そして荘厳な雰囲気で素敵な場所でした。


中には摂社や末社など沢山の神様を祀っておられ、その様々な空気感の違いが不思議でもあり面白くも感じました。


面白いといえば、末社の楠くん社(なんくんしゃ)。
ここには可愛い猫のお守りがあり、商売繁盛や人間関係を招く(繋ぐ)というご利益があるそうで、商売をしている方々にはとても人気がある神社なんだそうです。

翌日から娘との京都は、鞍馬寺から始まり貴船神社、上賀茂神社と行けました。

本当は、その流れで下鴨神社へも行きたかったけれど、時間が遅くなってしまったので次回のお楽しみということに。


サナトクマラにもっと繋がれるような気がして、ずっと行きたかった鞍馬寺の奥の院。

鞍馬山自体がとてもパワフルに感じていましたが、ここから奥の院へという塀を境に、エネルギーがガラッと変わったのを感じました。

念願の奥の院魔王殿に着いたら、何故かテンションマックスですっかり元気になり、暫く誰も来なかったのも幸いに、そのエネルギーに浸らせて頂きました。


そして奥の院の先に続く道を降りていくと、貴船神社へ。
鞍馬山と貴船神社は隣り合わせなのに、全くエネルギーが違っていてビックリ。
それはエネルギーを意識しない娘でも感じていました。


鞍馬山では力強さ、貴船神社の本宮は周囲の水の音も清々しく、水で洗い流すような浄化のエネルギーを特に感じました。

貴船の奥の院は、厳かで、澄んだミストがそっと流れていく感覚になりました。

翌日は娘のリクエストで伏見稲荷へ。
と、その前に、北野天満宮へも。

今回の旅が決まった時から、何故か道真公を見たり、話を聞いたり…。
道真さんがとても気になり、行くことにしました。

しかし前日の山道での頑張りがたたり、娘も私も筋肉痛(笑)
おまけに電車から見える景色は途中からどしゃ降り!!(|||´Д`)


それでも北野天満宮へ着く頃には、有り難いことに雨も小止みになりました。

道真公にご挨拶を済ませたら、何かが済んだ気になり心身共にすっきり。

気持ちも新たに娘リサーチの祇園四条の甘味処でわらび餅パフェ♪
束の間の休憩後、伏見稲荷へ。


伏見稲荷は娘のリクエスト。
私にはご縁はないかなと思っていた伏見稲荷でしたが、とても不思議な空間でした。

頂上まで行くつもりだったのですが、息が上がりながらも一時間近くかけて登った四ツ辻で、後40分で頂上という看板を見てすっかりめげてしまいました(*´Д`)

帰りは膝が笑って歩けなくなるかもという不安もあり、本格的に雨も降り始めたのでリタイアを決めました。

けれど迷っている時に『上までおいで。』との何処からかの声。
『(ちょっと悩んだけれど)いやー、やっぱり無理です。降りるのも大変になりそうなので…。』『いや、帰りは楽だよ。』と。
『いや、階段の下りは大変だし…。ごめんなさい。』と心の中で言った途端、ドーッと大雨( ̄□ ̄;)!!

最寄りの駅に着くまでどしゃ降りは続きました…(*_*;


翌日はUSJ。
付き添いのつもりだったけど、ハリー・ポッターゾーンには思い切りワクワクしてしまった(*≧∀≦)

その翌日の9月9日、去年から菊理媛(くくりひめ)の日と私の中でなったこの日、どうしても菊理媛縁の白山神社へ行きたくなり、息子の家から近かった大阪城近くの白山神社(しらやま)へ。

お参り後、飛行機雲や沢山の龍の雲が出ていました。


そしてその翌日、これもまた念願の出雲大社や足立美術館への一泊パックツアー。

このツアー、出雲大社の正式参拝も入っていたのですが、御本殿は私には至福のエネルギーでとても感激しました。

普段はあまり神社仏閣へは行かない私ですが、今回は沢山の神様とご縁を繋がせて頂いた旅でした。


そういえば…、私の体調があまり良くなかったので、サムハラ神社の指輪のお守りを旅のお供に持っていこうと考えていたのですが、出発前日に家の中で無くしてしまいました(ToT)


何故なのか考えていたら『サムハラさんのお守りを持っていったら他の神様と繋がりづらくなる。』というような感覚が来ました。
何となく分かる気がします。

でももう帰ってきたから、早く出てきて欲しいんですが…。


そして、旅行から帰ってきて一週間経った今日、AKaPurE(アカプルエ)の相方あつこさんと会いました。

今回ご縁を繋がせて頂いた神社の話をしていたら…、あら?
その神社やその神様のエネルギーがその度に降りて来ます。

それぞれが、私がその場で感じたようなエネルギーで降りてきます。


あつこさん曰く「神社のインターホンみたい!(笑)」

あらー、こんなご利益があったとは♪


また面白い体験をさせて頂けたことに感謝です(*^^*)


2017年9月12日 (火)

関西方面旅行紀 パート1

Picsart_0912061456

*チャネリング講座応用編
  9月29日(金)11時~16時 募集中です。
 詳しくはこちらをご覧下さい。

東京に住む娘からUSJのチケットが当たったから一緒に行こうと誘われて、こんなチャンス滅多にないと子供に甘い夫にねだり、かねてから行きたかった神社仏閣参拝盛り込んで(いや、結局こちらがメインになってしまった)の一週間となりました。


それでも風邪が長引き、直前迄体調も優れず、滅多にかからない医者にもかかり、薬も保険証も持参で出発。
けれど着いたら何故か元気に(笑)


そして今年の大阪は猛暑で、一週間耐えられるかそれも心配だったけれど、結論から言うと寒い!!めっちゃ寒い!!

ほぼ10年、首都圏に住んでいたけれど、多分東京よりクーラー効いとるでー。
効き過ぎやでー。

だから建物の中や電車ですっかり冷えきり、外に出て生き返る。そんな毎日。
ちょっと厚いかなと思って持っていったカーディガンもほぼ毎日登場。
しまいには大判のストールも大活躍…。

娘時代、母の大分の親戚を訪ねていった時、親戚のご夫婦が暑い暑いと言って車の窓を開けたのだけど、その日は小春日和。

あちらは気を遣って開けてくれたのかもと思うと、私と母は寒いと言えず寒さに震え我慢して乗っていたのを思い出す。


横浜の時の社宅にいたときにそれがはっきり分かったのだけど、私も含め北海道出身の人達のお宅は冬暖かくて、服装もどちらかと言えば秋口に着るものと室内ではそう変わらない。

なので、同じ社宅の東京出身の奥さん達が遊びに来ると必ず暑がる(笑)


そんな彼女達のお宅に北海道出身者が遊びに行くと間違いなく寒い。

冬でも窓を少し開け換気してるしっ!!
なので、そういうお宅へ遊びに行くときは、少し着込んでいったりしたものだった。

転勤した冬に娘がお友達の家に遊びにいって、寒くて死にそうだったと言ってたのを思い出す(笑)
そしてそんな彼女達のお宅は夏も寒い。

でも3年もするその土地に体も馴染み、住んでいる時にはこの寒さは今ほど感じなかったかもしれないけど。


私の感覚統計によると、暑い所に住んでいる人達は暑さに弱く寒さに強くて、寒い所に住んでいる人達は寒さに弱くて暑さに強いと思ってる。
だから、暑い所に住む人は暑いセンサーが働くと直ぐに冷やしにかかる。
寒い所に住む私は寒いセンサーが働くと直ぐに温めにかかる。


と、思わず興奮して長くなってしまったけれど、という訳でクーラーの効いている所は寒さに弱い私には寒い!!

しかしそれが一番の関西の印象って…(^_^;)

でも、長引いた風邪も振り返さずに無事に帰ってこれたし、有り難いわぁ。


そして先程着いた千歳空港、めっちゃ寒い( ̄▽ ̄;)
15度くらい?

が、バスには暖房入ってました!嬉しい~♪

さすが北海道♪

2017年9月 7日 (木)

チャネリング講座応用編を開催します

チャネリング講座応用編を開催します。


内容としては
・アカシックレコードに繋がる

・相手と繋がってメッセージを受け取る(目の前にいる方、自分のハイヤーセルフ、天使など)

・自分の現生の過去に戻り、その時の自分を感じながら解消していないものを消化する。

等を予定しています。

これはご自身の心のわだかまりを取るのにも、特定の相手に対して(亡くなった方へも)話したかったことを伝える機会としても、将来的にセッション等をするのにも役に立つような内容です。

※こちらの応用編は、 Angelite plus のチャネリング講座を既に受講済みの方、または他の所ででもチャネリングの基礎を学んだ方が対象です。


チャネリング講座応用編

日 時 9月29日(金) 11時~16時

場 所 札幌市北区新琴似 
     Angelite plus 自宅
    (地下鉄南北線麻生駅またはJR学園都市線新琴似駅まで送迎します。車の方はお申し出下さい。)

料 金 一万円

持ち物 ペン、昼食(温かい飲み物はこちらで用意します)

定 員 5名

前日迄に angelitekazumi@gmail.com にお申し込み下さい。Picsart_0907071215


2017年9月 5日 (火)

NOBUYAさんへ

Picsart_0905035418

AKaPurE(アカプルエ)の相方あつこさんが、ARTGYPSY ARTSHOWの素敵なステージを毎年 見に行っていて、オーガナイズの経験もあることは聞いていました。

私たちの楽器が幾つも出来上がり、その方向性も見えてきた頃、いつかその ARTSHOWに私たちがゲストアーティストとして出演させてもらえたら凄いよね(*≧∀≦)と。

それがこんなにも早く実現したことが、本当に夢のようでした。


何故か事前の打ち合わせのメールが届かない等のこともあり、それならとステージ前日にあつこさんと会場の鴨々堂へ行き、ご厚意でそのまま打ち合わせになりました。


私は初めてお会いする∀kikoさんとNOBUYAさん。
とても素敵なご夫婦でした。

ステージでの音響担当のNOBUYAさんは、何も分からない私たちにとても熱心に色々なことを教えて下さいました。

鴨々堂が古民家ということもあり、素材の木が繊細な水華(ミズハ)の音を吸収してしまい、マイクの調整に時間がかかったり…。
この先何処か大きな所で演奏するなら少し改良した方が良いかも等々、あらゆるアドバイスを頂いて、プロの視野と仕事を知り、私たちの方向も色々広がっていくのを感じました。

そうして当日本番。

当日神戸から、 Dragon Heart のオーナーさんの一人でもあり、 Dragon Heart 始まりの儀にも立会人として参加して頂いたひさよさんという力強い助っ人をお願いし、3人でのステージが始まりました。


昼の部は緊張が取れず、演奏というより音を聴いて頂くような感じになってしましました。

けれど、NOBUYAさんのお陰で水華(ミズハ)の音も無事に聞こえたようです。


昼の部での反省を踏まえ、NOBUYAさんからももっと演奏を長くした方が良いと言われたのもあり、夜の部は自分で言うのも何ですが、聴いて頂いている方々や自分達も引き込まれていくのを感じていました。


∀kikoさんのスライドに即興で音を合わせて行くのも、二回目となると私も落ち着いて音を聴く余裕も出てました。


最後に私たちの演奏で終わるのですが、3人の音が一斉に、バンッと大きな音で鳴り止んだ瞬間、ハッと我に返りました。

それだけ没頭した充実した良い音だったと思います。本当に大満足な演奏になりました。

そして一番喜んで頂いたのがNOBUYAさんではなかったかと思うくらい、沢山の素敵な言葉を頂きました。

おもしろい、まじで。

アバンギャルド!!

海外の方がうけると思う。

途中 お祭りみたいにも聞こえたしさ。

ヒーリングという方向もあると思うけど、俺はアートでいってほしい。

踊る人とか めちゃ くいついてくると思うよ。

インプロとか北海道はそういう土壌もあるじゃない?

いろんな人と コラボしてやっていったらいいよ。

自分たちで楽器つくって、こういう感じの音は他にないよね

そして「来年もここで一緒にやろう!!」と。

来年も!?本当に?
なんて嬉しい言葉(*≧∀≦)


NOBUYAさんも興奮覚めやらず、別れ際にも

スゲー!!

凄い宝物を見つけたみたいだよ!!

AKaPurE(アカプルエ)最高!!

等々言ってくださり、私たちもNOBUYAさんの言葉からも沢山のギフトを頂きました。


そんな幸せな余韻に浸っていた次の日の朝、夜中にNOBUYAさんがくも膜下で亡くなったと、あつこさんから連絡が入りました。
私は言葉も何も見つからず、暫く何も考えられませんでした。


∀kikoさんの個展はその日迄だったのですが、気丈にも∀kikoさんは個展会場に行っているとのこと。


夕方近く、私が∀kikoさんにお悔やみを言いに伺った時、∀kikoさんは時々涙を流してはいたものの、NOBUYAさんが側にいるのを感じ、落ち着いてもいらっしゃいました。


私が行って程なく、NOBUYAさんがニコニコ笑いながら∀kikoさんの横に立っているのが見えました。
∀kikoさんに伝えたいことがあるからと私に話しかけて来たので、∀kikoさんにお伝えました。

NOBUYAさんはずっとニコニコしていて、直ぐにこの現実を受け入れたのを知りました。

そして肉体から離れても∀kikoさんのサポートに付くことを決めて来たこと等々、笑顔で話され、NOBUYAさんの強さとその人柄と、なによりも∀kikoさんへの愛の深さに私は感動しました。


ほんの二日間の出来事でしたが、言い尽くせない程のギフトをくれたNOBUYAさん。

お会い出来て良かった。

そして、本当にありがとうございました(*^^*)
                  

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »