« 新しく出来た楽器から | トップページ | チャネリング講座応用編を開催します »

2017年9月 5日 (火)

NOBUYAさんへ

Picsart_0905035418

AKaPurE(アカプルエ)の相方あつこさんが、ARTGYPSY ARTSHOWの素敵なステージを毎年 見に行っていて、オーガナイズの経験もあることは聞いていました。

私たちの楽器が幾つも出来上がり、その方向性も見えてきた頃、いつかその ARTSHOWに私たちがゲストアーティストとして出演させてもらえたら凄いよね(*≧∀≦)と。

それがこんなにも早く実現したことが、本当に夢のようでした。


何故か事前の打ち合わせのメールが届かない等のこともあり、それならとステージ前日にあつこさんと会場の鴨々堂へ行き、ご厚意でそのまま打ち合わせになりました。


私は初めてお会いする∀kikoさんとNOBUYAさん。
とても素敵なご夫婦でした。

ステージでの音響担当のNOBUYAさんは、何も分からない私たちにとても熱心に色々なことを教えて下さいました。

鴨々堂が古民家ということもあり、素材の木が繊細な水華(ミズハ)の音を吸収してしまい、マイクの調整に時間がかかったり…。
この先何処か大きな所で演奏するなら少し改良した方が良いかも等々、あらゆるアドバイスを頂いて、プロの視野と仕事を知り、私たちの方向も色々広がっていくのを感じました。

そうして当日本番。

当日神戸から、 Dragon Heart のオーナーさんの一人でもあり、 Dragon Heart 始まりの儀にも立会人として参加して頂いたひさよさんという力強い助っ人をお願いし、3人でのステージが始まりました。


昼の部は緊張が取れず、演奏というより音を聴いて頂くような感じになってしましました。

けれど、NOBUYAさんのお陰で水華(ミズハ)の音も無事に聞こえたようです。


昼の部での反省を踏まえ、NOBUYAさんからももっと演奏を長くした方が良いと言われたのもあり、夜の部は自分で言うのも何ですが、聴いて頂いている方々や自分達も引き込まれていくのを感じていました。


∀kikoさんのスライドに即興で音を合わせて行くのも、二回目となると私も落ち着いて音を聴く余裕も出てました。


最後に私たちの演奏で終わるのですが、3人の音が一斉に、バンッと大きな音で鳴り止んだ瞬間、ハッと我に返りました。

それだけ没頭した充実した良い音だったと思います。本当に大満足な演奏になりました。

そして一番喜んで頂いたのがNOBUYAさんではなかったかと思うくらい、沢山の素敵な言葉を頂きました。

おもしろい、まじで。

アバンギャルド!!

海外の方がうけると思う。

途中 お祭りみたいにも聞こえたしさ。

ヒーリングという方向もあると思うけど、俺はアートでいってほしい。

踊る人とか めちゃ くいついてくると思うよ。

インプロとか北海道はそういう土壌もあるじゃない?

いろんな人と コラボしてやっていったらいいよ。

自分たちで楽器つくって、こういう感じの音は他にないよね

そして「来年もここで一緒にやろう!!」と。

来年も!?本当に?
なんて嬉しい言葉(*≧∀≦)


NOBUYAさんも興奮覚めやらず、別れ際にも

スゲー!!

凄い宝物を見つけたみたいだよ!!

AKaPurE(アカプルエ)最高!!

等々言ってくださり、私たちもNOBUYAさんの言葉からも沢山のギフトを頂きました。


そんな幸せな余韻に浸っていた次の日の朝、夜中にNOBUYAさんがくも膜下で亡くなったと、あつこさんから連絡が入りました。
私は言葉も何も見つからず、暫く何も考えられませんでした。


∀kikoさんの個展はその日迄だったのですが、気丈にも∀kikoさんは個展会場に行っているとのこと。


夕方近く、私が∀kikoさんにお悔やみを言いに伺った時、∀kikoさんは時々涙を流してはいたものの、NOBUYAさんが側にいるのを感じ、落ち着いてもいらっしゃいました。


私が行って程なく、NOBUYAさんがニコニコ笑いながら∀kikoさんの横に立っているのが見えました。
∀kikoさんに伝えたいことがあるからと私に話しかけて来たので、∀kikoさんにお伝えました。

NOBUYAさんはずっとニコニコしていて、直ぐにこの現実を受け入れたのを知りました。

そして肉体から離れても∀kikoさんのサポートに付くことを決めて来たこと等々、笑顔で話され、NOBUYAさんの強さとその人柄と、なによりも∀kikoさんへの愛の深さに私は感動しました。


ほんの二日間の出来事でしたが、言い尽くせない程のギフトをくれたNOBUYAさん。

お会い出来て良かった。

そして、本当にありがとうございました(*^^*)
                  

« 新しく出来た楽器から | トップページ | チャネリング講座応用編を開催します »

オリジナル楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2002925/71621695

この記事へのトラックバック一覧です: NOBUYAさんへ:

« 新しく出来た楽器から | トップページ | チャネリング講座応用編を開催します »