オリジナル楽器

2017年9月 5日 (火)

NOBUYAさんへ

Picsart_0905035418

AKaPurE(アカプルエ)の相方あつこさんが、ARTGYPSY ARTSHOWの素敵なステージを毎年 見に行っていて、オーガナイズの経験もあることは聞いていました。

私たちの楽器が幾つも出来上がり、その方向性も見えてきた頃、いつかその ARTSHOWに私たちがゲストアーティストとして出演させてもらえたら凄いよね(*≧∀≦)と。

それがこんなにも早く実現したことが、本当に夢のようでした。


何故か事前の打ち合わせのメールが届かない等のこともあり、それならとステージ前日にあつこさんと会場の鴨々堂へ行き、ご厚意でそのまま打ち合わせになりました。


私は初めてお会いする∀kikoさんとNOBUYAさん。
とても素敵なご夫婦でした。

ステージでの音響担当のNOBUYAさんは、何も分からない私たちにとても熱心に色々なことを教えて下さいました。

鴨々堂が古民家ということもあり、素材の木が繊細な水華(ミズハ)の音を吸収してしまい、マイクの調整に時間がかかったり…。
この先何処か大きな所で演奏するなら少し改良した方が良いかも等々、あらゆるアドバイスを頂いて、プロの視野と仕事を知り、私たちの方向も色々広がっていくのを感じました。

そうして当日本番。

当日神戸から、 Dragon Heart のオーナーさんの一人でもあり、 Dragon Heart 始まりの儀にも立会人として参加して頂いたひさよさんという力強い助っ人をお願いし、3人でのステージが始まりました。


昼の部は緊張が取れず、演奏というより音を聴いて頂くような感じになってしましました。

けれど、NOBUYAさんのお陰で水華(ミズハ)の音も無事に聞こえたようです。


昼の部での反省を踏まえ、NOBUYAさんからももっと演奏を長くした方が良いと言われたのもあり、夜の部は自分で言うのも何ですが、聴いて頂いている方々や自分達も引き込まれていくのを感じていました。


∀kikoさんのスライドに即興で音を合わせて行くのも、二回目となると私も落ち着いて音を聴く余裕も出てました。


最後に私たちの演奏で終わるのですが、3人の音が一斉に、バンッと大きな音で鳴り止んだ瞬間、ハッと我に返りました。

それだけ没頭した充実した良い音だったと思います。本当に大満足な演奏になりました。

そして一番喜んで頂いたのがNOBUYAさんではなかったかと思うくらい、沢山の素敵な言葉を頂きました。

おもしろい、まじで。

アバンギャルド!!

海外の方がうけると思う。

途中 お祭りみたいにも聞こえたしさ。

ヒーリングという方向もあると思うけど、俺はアートでいってほしい。

踊る人とか めちゃ くいついてくると思うよ。

インプロとか北海道はそういう土壌もあるじゃない?

いろんな人と コラボしてやっていったらいいよ。

自分たちで楽器つくって、こういう感じの音は他にないよね

そして「来年もここで一緒にやろう!!」と。

来年も!?本当に?
なんて嬉しい言葉(*≧∀≦)


NOBUYAさんも興奮覚めやらず、別れ際にも

スゲー!!

凄い宝物を見つけたみたいだよ!!

AKaPurE(アカプルエ)最高!!

等々言ってくださり、私たちもNOBUYAさんの言葉からも沢山のギフトを頂きました。


そんな幸せな余韻に浸っていた次の日の朝、夜中にNOBUYAさんがくも膜下で亡くなったと、あつこさんから連絡が入りました。
私は言葉も何も見つからず、暫く何も考えられませんでした。


∀kikoさんの個展はその日迄だったのですが、気丈にも∀kikoさんは個展会場に行っているとのこと。


夕方近く、私が∀kikoさんにお悔やみを言いに伺った時、∀kikoさんは時々涙を流してはいたものの、NOBUYAさんが側にいるのを感じ、落ち着いてもいらっしゃいました。


私が行って程なく、NOBUYAさんがニコニコ笑いながら∀kikoさんの横に立っているのが見えました。
∀kikoさんに伝えたいことがあるからと私に話しかけて来たので、∀kikoさんにお伝えました。

NOBUYAさんはずっとニコニコしていて、直ぐにこの現実を受け入れたのを知りました。

そして肉体から離れても∀kikoさんのサポートに付くことを決めて来たこと等々、笑顔で話され、NOBUYAさんの強さとその人柄と、なによりも∀kikoさんへの愛の深さに私は感動しました。


ほんの二日間の出来事でしたが、言い尽くせない程のギフトをくれたNOBUYAさん。

お会い出来て良かった。

そして、本当にありがとうございました(*^^*)
                  

2017年8月19日 (土)

新しく出来た楽器から

16日に新しく出来た、銅板で五芒星の弦を張った楽器。
名前はまだ決まってない。


話はちょっと飛んで、テロスから頂いたオリジナルヒーリングエネルギー、ミューの時もそうだったけど(特に進化する時)、まず新しいミューのエネルギーという“モノ"が来て、μ angels にそれぞれ体感してもらって感想を聞いて、ネットで調べて。
そうすると、それまで頻繁に来ていたメッセージやサインと繋がって、これか!!このためだったのか!!となり、納得( ´∀`)
そして自信を持って使う。

そんなことの繰り返しで、ミューの確信を得ていったのだけど、AKaPurE(アカプルエ)の楽器達も本当に同じような経過を辿っていて、やっていることはエネルギーと楽器の違いはあるけれど、同じようなことをやっているような気がしてならなかった。

で、また話は戻るけれど、今回の銅板の楽器は特にその傾向がハッキリ。


その新しい楽器の写真を早速FBにアップして、有り難いことに幾つか感想を頂きました。


その中に、とても女性的で女神イシスを感じると言ってくれた方がいて、早速イシスを調べてみることにしました。

で、私は、どうしても逆三角形にしたかったというのが自分の中で引っ掛かっていたので、イシスと逆三角で検索してみたら、なんと星座が出てきました。


出てきたのは冬の大三角。
あれ?ミューにも春の大三角のミューあるぞ?
と思い出し、冬、春、夏と見ていくと、夏の大三角が新しい楽器の形とほぼ一致♪

これは何かあるなと夏の大三角を調べると、織姫と彦星がいるじゃないの!!
そして“ 琴 " 座。

これが出来たのも夏だしね。


そして、織姫は瀬織津姫とも言われているんですよね。

そこで2ヶ月位前に、私の後ろに、誰か分からないけど綺麗な着物着たこんな顔の女の人がいるんだけど、と教えてくれた友達の話を思い出しました。
色々探して瀬織津姫の絵を見せたら、即答で「この人!!」って(@_@)

更に、スマホの待ち受けは瀬織津姫にしたら良いかもよと言うので、二人でわざわざそうしたのもあり…。

でもあの時の瀬織津姫は、「私の存在は気にしなくて良いから。」と言っていたのに、こんなカラクリがあったのか!?

星の音を作ってと龍にも言われたし…。等々思い当たることが次から次と甦る。


そしてあつこさんとの会話や目にするものの中でも、赤い星、北斗七星、プレアデスやシリウス等々星に関するものが沢山あり、トドメには、あつこさんのところへ星形の箱に入った北斗七星の型が押してあるサブレも届き(笑)

どれだけ星推しなの?というくらい星に関するものがやって来てましたっけ。


夏の大三角に至った後も、裏付けをするかのように瀬織津姫、龍、金、銀、星等々キーワードがバンバン重なるものが次々と、あつこさんを通してやって来ました。

そこで、この楽器の意味を聞きたいと思い、瀬織津姫と話してみました。

『星からの応援と喜び(地球への)。それを降ろすのが(センターにある)チェーンと(水晶の)雫。
マカバも星。』
まだついてない名前を聞くと『○○リュウセイ(流星、龍声)』と。
(でも○○は自分達で考えるみたい。)


そうなんだ、マカバから続いていたんだ。
これは三部作なんだなー。…と、その時気づくf(^_^;


私が勝手に四角は飽きたから三角で、六芒星、八芒星と来たら五芒星がなくてはどうなの?とか、金銀とあるなら銅もでしょ。
とか、そんなノリで作ったにも関わらず…。

有り難いねぇとあつこさんとしみじみ。


ということで、またまた色々なサインを受け取り、ARTGYPSY ARTSHOWに新しい楽器を持っていくことにしました。

どんな表現方法になるかはこれから研究しますが、鏡のような美しさを目の前で見て頂けると
嬉しいです。

ARTGYPSY ARTSHOW@鴨々堂

8月26日  昼の部 14時~15時30分
     夜の部 18時~19時30分


詳細はこちらからご覧下さい。


夏の大三角の絵をお借りしてきました。
Picsart_0819115541


2017年8月16日 (水)

金属板楽器シリーズ第三弾‼

Picsart_0816074109


Picsart_0816083448

金属楽器シリーズ第三弾が今日出来ました。


フォルムがとても優雅です。
名前はまだありません。


5月と6月に作った創作楽器の金と銀のマカバ。
(これらの楽器の誕生についてはこちらをご覧下さい。)

マカバを作ってとても満足していたのも束の間、金銀と来たら銅じゃない?とムクムクとその思いが沸き上がって来ていました。

形はどうしても逆三角にしたい!
だけど難しそうだ…(-。-;)


三角で…、銅で…、弦は?…唯一無いのは五芒星だなぁ。
でも普通の五芒星はつまらないから真ん中に糸を通して玉をぶら下げてみたら面白いかも…( ・∇・)

そんな感じで、だいたいのイメージは出来ていました。

そんな頃、積丹半島の神恵内に、チームえだまめでキャンプに行きました。

そこでえだまめの1人のまみちゃんが、「星の音を作って欲しい。龍の声はブロンズ。」と龍の声を聞いて教えてくれました。

ブロンズは銅にスズを混ぜて作るそうで、さすがにブロンズでは作れないけど、銅の板では作ろうと思っていたし♪
五芒星も☆だし、これはそのままでOKということかな~♪

でも、ゴーサインも出たのに行動にはなかなか移せず、どうしようかと散々悩んで、先週の赤口の日、いよいよ取り組むことにして枠組みが出来上がりました。


が、銅の板もつけたものの、何故か弦まで張る気持ちにはならず…。


そして今日、一緒に楽器を作っているあつこさんもウチに来るし、いよいよ弦を張ろう!と決めたら…今日も赤口。


赤口は良くない日と陰陽師では言われてるそうだけどそこは気にせず(笑)


何か龍に関係する日なのかなと気になりながらも…。


そして完成しました。

ちょっと特別な感じの子です。
美しいし、音も深い。

これからこの子でどんな展開になるのかは分かりませんが、先ずはやり終えた満足感と美しさに浸っております(*^^*)


26日に出演する ARTGYPSY ARTSHOW には持って行く予定はありませんが(音をもう少し馴染ませたい)、一足お先に御披露目させて頂きます(*^^*)

☆♡☆♡☆♡☆
8月26日(土) ARTGYPSY ARTSHOW 

創作楽器のAKaPurE(アカプルエ)が、ゲストアーティストとして出演させて頂きます。詳細はこちらのブログからご覧下さい。

8月31日チャネリング講座 詳細はこちらのブログをご覧下さい。

2017年7月27日 (木)

ARTGYPSY ARTSHOW に出演させて頂くことになりました✨

Picsart_0727082122

私とあつこさんの創作楽器のAKaPurE(アカプルエ)が、
なんと‼とても素敵な方々のライブイベントにゲストアーティストとして参加させて頂くことになりました(*≧∀≦)

海のものとも山のものともつかない私達と一緒になんて、本当に良いんですか?という気持ちもありますが、今はこの不思議な音達を沢山の方に聴いて楽しんで頂きたいという気持ちでワクワクしています。

このイベントは
 ∀kiko EXHIBITION SUPER SPACE Vol.3 -REAL-

アーティストの∀kikoさんが描く素晴らしい絵が期間中展示されます。
独特な感性の素晴らしい絵を是非ご覧下さい。

そしてその期間中の1日に
ARTGYPSY ARTSHOWとして、∀kikoさんとパートナーのNOBUYAさんが、地元の表現者であるAKaPurE(アカプルエ)と共にコラボして下さいます。


AKaPurE(アカプルエ)にとって、初めての大舞台‼
ステージに立つということで、今まで気づかなかった事が見えたり分かって来ました。


けれど素晴らしい事に、これについて誰かに頼まなきゃと昨日考えていたら、今日にはその情報を持った方が現れたり…。

この弾き方に何かを足したいと思えば、あっという間にヒントが来たり。
展開が早い早い♪

けれどそれはストレートなものではなくて、そこを経由しなければ分からなかった、たどり着けなかったというものばかり。

でも沢山のサポートを、二人でひしひしと感じています(T^T)

サポートといえば、あつこさんと二人でウチで打ち合わせをしている時も、謎の色々なエネルギーが時間を外した日の25日から何度も降りて来るんです。

あつこさんと打ち合わせを兼ねて三連チャンで会ったんですが、三日間ともどこからともなく突然降りて来るんです。


聞くとそのエネルギーは二人の調整のようなんですけどね。

なんでもプレアデスの方のようで…

とてもひょうきんな方でした(笑)

そんな不思議な二人の奏でる不思議な音を体験しにいらっしゃいませんか?

………………

special live event :  ARTGYPSY ARTSHOW

◎日時 8月26日(土)

●昼の部(親子歓迎)14 : 00~15 : 30
●夜 の 部    18 : 00~19 : 30

   いずれもゲストアーティストAKaPruEライブから始まりARTGYPSY ARTSHOWへ続きます

◎料金 2000円(小中学生500円 幼児無料)
◎要予約 お席に限りがありますので
     お早めにお申込みください
(参加ポチだけでは予約になりません。下記メール、FBお友達の方はメッセンジャーで申し込みください)

◎場所  鴨々堂  札幌市中央区南8条西2丁目2
          (豊水すすきの駅or中島公園駅より徒歩5分
             ジャスマックプラザホテルP向かい)

◎申込み・問い合わせ
angelitekazumi@gmail.com   


………………

★個展 ∀KIKO EXHIBITION SUPER PEACE  Vol.3 -REAL-

2017. 8 . 25 (金)~27(日)入場無料

open 13 : 00 ~  21 : 00  
※ 最終日は19 : 00終了 
※26日(土)は ライブイベント以外の時間は ご覧いただけます

………………


∀KIKOからのメッセージ

「いのち」を根源に絵を描き続けてきました。
「SUPER PEACE」というタイトルは「人間にとって真の平和とは何なのか?」
という私達 ARTGYPSYの問いから生まれたものです。
2015年「FANTASY」 2016年「MEMORY」 そして 2017年のテーマは「REAL」
「SUPER PEACE」三部作の最終章です。
「SUPER PEACE」という絵を描き終えたのちに腱鞘炎になり
2年間描けなかった手が癒えた喜び。
再び描けたことにただ感謝しながら自然に生まれてきた新作の発表です。

……………


【∀KIKO】

北海道余市町生まれ。1997年 東京表参道の路上からアーティストとしての人生がはじまる。
1999年より縁あって 国宝である真言密教の寺、高幡不動尊金剛寺で毎月第三日曜日に開催される骨董市「ござれ市」に唯一のアーティストとして参加。以来アートを通じてあらゆる世代の人々との交流を重ね、現在に至る。2000年からの4年間は自身のギャラリー「nociw-ARTSPIRIT-」をオープンする機会に恵まれ、クローズ後は「いのち」をテーマに 自然のエネルギーを紡ぎ続ける絵描きとして 大好きな森のそばにアトリエを構え アートワークをライフワークとしている。
2014年には ATOM CS TOWERのプロデューサー上田嗣夫氏との出会いにより 東京新橋に
「nociw gallery」が再びオープンすることとなった。


【ARTGYPSY 】

絵描きの∀KIKOとパートナーであるNOBUYAのアートユニット
「いのち」をテーマに個展会場や様々な空間、自然の中で∀KIKOの絵の映像上映、
彼女自作の詩の朗読を行い、訪れた土地に生きる表現者達とともに 「何かを創る」そんなコラボレーションを「ARTGYPSY ARTSHOW」と称し 
地球上でアートの旅を続けている     
 http://www.nociw-artspirit.com/


【AKaPruE  アカプルエ】

アーティストあつことヒーラーかずみのユニット。不思議な流れで、2015年からオリジナルの弦楽器を創り始める。直感や体感から生まれたそれらの楽器は、音階や調律がなく、その瞬間の音・エナジーを楽しむものとなる。生まれたての音の息吹、煌きを多くの方と分かち合っていきたいと活動中。
http://imakokokanki.jimdo.com/

2017年7月 3日 (月)

【音の煌めきと 律動と 余韻を楽しむ会】

Picsart_0703101524

私とあつこさんで造っているオリジナルの楽器達。

あつこさんのモニターセッションを受けた時に「私達もしかしたら楽器作るんじゃない?」とあつこさんが言ったその日からそれは始まった。

私一人ならアイデアは浮かんでも行動に移せず(面倒になってf(^_^;)、多分何も出来上がらなかった。

弦楽器について何も知らなかった所から始めた二人が、知らないが故の二人だったからこそ、新しい目と感覚と体感で、沢山の気付きと発見があって形になった。

音も二人の感覚がピッタリ一致するまで諦めなかった。

だからこそ楽器や音に対する枠が外れた。


私達の作る楽器達に音階がないのは、調律しても音が直ぐに狂ってしまうということもあったのだけど、

「○○周波数って何だ?それって人間が勝手に決めてるものじゃない?」

「自然の風や水の音に、そんな○○周波数って関係ないのに癒されるってどーゆーこと?」

なーんて調子で、素晴らしいと言われている周波数や和音の美しさに拘らない音階のない楽器誕生。

創造主が全て完璧に作ったこの世界の音なら、本当はなんだってきっと調和するんだよ。


確かに聴く人が聴くと私達の楽器の音はガチャガチャかもしれない。


音階やハーモニーを楽しむ物ではないかもしれないけれど、予想を遥かに越えるその時だけのサプライズな音が、今日はどんな音が出るかなと毎回楽しませてくれるし、聞き入ってしまう。

今の私の耳はどんな音迄を拾うのか…、研ぎ澄まして聴いているから、耳もまた成長している。

そして時々楽器自体も表情を変えてくる。

その新しい領域の音の世界に出会ったときの喜びは何物にも変えがたいし、新たなワクワクに大興奮もする。

それが肉体にも作用している気がするのも不思議。

聴いてくれた人達のそれぞれの楽器毎の体感が、ほぼ共通しているというのも驚きであり、喜びであり。

それが分かった時から今までも、確かにそれは喜びだけど、でも私達が思うのは自分達が楽しいから造っているだけで、何かの作用とか、癒しの何かをとか、敢えてそういうものを造ろうとしている訳ではないということ。


だから正に、壮大な音遊びがここにはある‼と自信を持って言っちゃうよ(≧∀≦)


私達は、音に妥協をしたくないから、満足な音を聴きたいから、新しい発見をしたいから、ワクワクしたいから、模様も配置や色を変えて違いを調べたり、弦の張り方に拘ったり、弦の爪も音で決めて作ったり、水に浸けたり、石を使ったり…まぁ~色々な実験を飽きもせずに繰り返してる。

勿論ガンガンチャネリングも使って(笑)

多分楽器造りにこんなことしたり、こんな実験してる人達、そういないよね。

だから誤解を恐れずに言うけど、私とあつこさんはそんな風に何かに気付いた時は「私達最先端いってる~🎵」と自画自賛している。


そして閃いたものがピッタリだと「私達天才~🎵」とも。

そうやって自分達の思考の範囲外から、沢山のヒントを貰って出来た最先端な楽器達。

その音を聴いたら、きっと私がそうであったように枠がガラガラと音を立てますよ。えぇ。

私は学生時代ずーっと合唱部で、半音下がるか下がらないかの音も許せなかった女ですから(=`ェ´=)


ということで、水華(ミズハ)、火水華(ホミカ)、満MITSUの御披露目を兼ねた
【音の煌めきと 律動と 余韻を楽しむ会】を行います。


7月12日(水) 13時から16時まで

参加費 2000円 (ホットドリンクとプチスイーツ付き)

場所 地下鉄南北線北12条より徒歩6分。

駐車場はありませんが、近くに有料駐車場は幾つかあります。
詳細はお申し込み頂いた方に直接お知らせします。

新し物好きな方、初めての音を楽しみたい方、新たな体験をしにいらっしゃいませんか?


お申し込みはangelitekazumi@gmail.comまで。

あつこさんと私の AKaPurE(アカプルエ) のホームページはこちらからご覧頂けます。


Angelite plus の7月14日のヒーリング基礎講座も募集中です。
誰もが出来るヒーリングで、日々を豊かなものにしませんか?


詳細はこちらからご覧ください。


2017年6月14日 (水)

金のマカバ、銀のマカバ

私は Soul  Movement  Artist のあつこさんとAKaPurE(アカプルエ)という屋号で感覚楽器をオリジナルで作っています。
浮かんだイメージを二人で擦り合わせて作っているので、楽器は二人の共同作業です。


今度もし作るなら金属を使ってみたい、そんなアイデアがありました。

パイプかなぁ…と考えてイメージしたものの、これは素人には出来ないと諦めたり…。

でも金属がどうしても気になる。

けれどあつこさんも忙しく、相談もせずにそのまま暫く放ってました。

そんな時、石師のヨーコさんのワークで「良い機会だから、自分のために楽器を一人で作ってみたら?」と言われたんです。
それも直ぐに作った方が良いと(; ゚ ロ゚)

自慢じゃないけど、作りなさいと言われるとやりたくなくなる私f(^_^;

あぁ、何々しなきゃというのが重くのし掛かる…(*´Д`)


そんな若干の抵抗もあったものの、その2日後の午後にはスイッチが入り、次から次へとアイデアが浮かび、なんだか楽しくなってきました。

アルミの板ならなんとかなりそうと板は決定。

弦の形も丸一日迷ったけれど何とか決まりました。

そんなこんなで構造から実質ほぼ三日で出来上がった銀色のアルミ板の楽器。
その日は奇しくも5月26日の新月。

出来上がった音は金属板に反響するのか、倍音と余韻が凄く、まるでクリスタルボウルのようでもあり、除夜の鐘のようでもあり(笑)。


が、作ってはみたものの、この音を作るまでの私の拘りはもう昇華され、時々弦を一本、ボーンと音を出しその余韻を楽しむだけで満足。


けれどもその三日後、にわかに、銀があるなら金もでしょ!と思い付き、今度は真鍮の板を買ってきて色違いのものを作りました。


で、これも作ってみたものの、二台も作っちゃってこれって何かになる日が来るのだろうか?と、ちょっと不安な気持ちになりながらも、同じようなボーンという響きを楽しみ眺め、作ったことに満足して放置。

そうこうしているうちに、あつこさんが久し振りに遊びに来てくれたので、こんなん作りましたーと勇気を出して御披露目会に。


するとあつこさん、どんどんはまって夢中になって弾いていってるじゃあないの!?


彼女の、一本の弦を一本の指で弾くというスタイルが、音の響きにピッタリと合い、複雑な音の響きに加え太鼓の音まで聞こえる(笑)


まるで息の合った何人もの人達が、違う楽器を一斉に弾いてるようです(笑)


その時分かったんです。

この楽器達は、あつこさんに今日魂を入れてもらったんだって。

楽器も演奏者がいないとただの器。
楽しみ喜んで弾いてくれる人がいてこそのもの。

私はそれがハッキリと解りました。


 
あつこさんも
「なーーーーんの 無理も努力も気負いもなく、
ただ、ずーーーーっと
自分で自分の音に惚れ惚れしながら、弾いてられる。」と大絶賛(*^^*)


そして嬉しいことに、楽器に名前をつけようとあつこさん。
何になるかも分からなかった、ただ作りたい衝動だけで作った物が、名前をつけることで生きて独り立ちする喜びが沸き上がる💕


六芒星の弦→マカバの弦、じゃあ金のマカバ、銀のマカバなんてどう?と私。

でもちょっとマカバなんて…どうなの?

じゃあ仮に金のマカバちゃん銀のマカバちゃんとして弾いてみて、その感覚をみようと何時もの実験に。

でもそう言った途端、それらから物凄いエネルギーがぐわんぐわんと上がってきて、二人共「ひぇー」「きゃー」「わー」しか言えず、暫く触ることも出来ない状態に。


ようやく落ち着いて弾いて感覚を確かめようもしてみたものの、終わった時にはもう他の名前にしようとは二人共全く思えず、そうして『金のマカバ』『銀のマカバ』が誕生しました。
その日は6月9日射手座の満月。


さらに『金のマカバ』、『銀のマカバ』二つ合わせて『満MITSU』とあつこさんが命名しました。

『満MITSU』 AKaPurE(アカプルエ)の楽器に加わりました。
どうぞ宜しくお願いします。


音もYouTubeで公開しています。

AKaPurE(アカプルエ)のホームページからどうぞ。

*7月12日(水)13時から16時まで、
水華(ミズハ)、火水華(ホミカ)、満MITSUの御披露目を兼ねた
【音の煌めきと 律動と 余韻を楽しむ会】を行います。


詳細は後日お知らせしますね。


Picsart_0614093007


2017年2月12日 (日)

その名も AKaPurE (アカプルエ)♪

Picsart_0212105925


私とあつこさんとで作っているオリジナル楽器のブランド名が決まりました。


その名はAKaPurE(アカプルエ)。

あつことかずみでぷるっぷる(pureな)のエナジーへ♪という意味が込められている造語です。

写真はこの名前に決めた昨日の空。


左下の雲が凄く気になって撮ったら、日輪と、右上に龍も写っていました♡
満月の日でもあったんですね。

この頃の AKaPurE の動きとして、 Dragon Heart の制作も一段落し、 ホームページを見直したり、以前作ったままにしていた二台の楽器のうちの一つ、 Soul Flame という楽器を新たな感覚で見直して作ったりしていました。

昨年秋頃、 Soul Flame と Cosmo Symphony の名前をもう一度見直そうという話になり、 Soul Flame にどんな名前が良いか意識を合わせてみたら『華』という字が浮かびました。


華(はな)…、確かに見た目は花だなぁ。


そして音は水琴窟の音に聞こえることもあるし、水は入れたいなと、あれこれ考えて『水華』と書いてミズハというのはどうだろうと二人の意見が一致しました。

後で気がついたのですが、水華は3本の弦を8の字にしているので3つの8がミズハにも繋がるねと、ピッタリの名前に褒め合う二人(笑)


こんな風に、ミューのエネルギーの時も、 Dragon Heart の時も、後から色々分かってきたりつじつまがあったりして、進んでいる方向がそれで良いのだと背中を押してもらっているなぁと感じることがよくあります。

だからそれを感じられると、本当にやっていて良かった、これをやらせて頂けることが有り難いとしみじみ幸せに浸ってしまうんですよね(≧∀≦)

そんな二人にユニット名(ブランド名と言ってくれた方も♡)が出来て、ますます活動しやすくなったと思っています。

練習をせずに直ぐに感覚で楽しめるオリジナル楽器。
沢山の人に拡がっていくと嬉しいな~♪

☆★☆★☆★☆

ヒーリング、スピリチュアルアドバイス、講座、パワーストーンアクセサリー、ダイエットのAngelite plus ホームページがリニューアルしました。


新しいホームページはこちらからもご覧になれます。

あなた本来の光が更に輝くよう、気付きのきっかけをお伝えし前進するためのお手伝いをさせて頂きます。


感覚楽器 Dragon Heart のホームページはこちらからご覧ください。

一般的な創作楽器とは違い、オーナーさんとなる持ち手の方の深いところとリンクするものです。


2016年12月13日 (火)

歓音の会@札幌 楽しんで頂けたようです(*^^*)

Picsart_1213051200


Dragon Heart 歓音の会@札幌、今回も新しい感じの流れになったそうで、楽しんで頂けたようでした。

ご参加頂いた皆さま、有り難うございました。


…ようでした、というのも、私ここに来てまさかの腰を痛めてしまい欠席となりましたcoldsweats01


主催だし、あの東京での感動を再び‼と息巻いておりましたが、残念ながら動けず…。

歓音の会はお陰さまで何回か開催させて頂いていますが、思い起こせば毎回、前回と同じ流れとはなりませんね。
 
Dragon Heart の音と同じですねー。


その度、ある程度こんな感じにしようと考えていきますが、私達もまた、予定していたものでも違うかなと感じたことは止めますし、これが良いかなと浮かんだことは直ぐにやったりします。


参加された方々に合わせて、その時の雰囲気や流れで声を出したり踊ったりも…。

歓音の会はそんな感じの会になっています。

前回の東京では、本当に素敵な感想を頂きました。


それを Dragon Heart のホームページのブログにも近々アップしていきたいと思っています。


これからも歓音の会を開催しますので、未知の感覚楽器 Dragon Heart を体感しにいらしてくださいね。

☆♡☆♡☆♡☆

毎月恒例のチームえだまめ主催の気ままなお茶会
18日(土)12時から15時まで。
今回は一年を振り替える持ち寄りのパーティー🎵
まだ若干名募集中です。


詳しくは

 私のAngelite plus のホームページ
またはイベントお知らせ
からご覧下さい。

 Dragon Heart のホームページはこちらからご覧下さい。

2016年12月 5日 (月)

Dragon Heart & 雫photograph 上映会at東京で。

Picsart_1205085111

明治神宮上空にいた龍さん。


東京赤羽のアトリエ雑貨カフェHANAPEKOさんでの、Atsukoさん、Hisayoさんとの3人の Dragon Heart ワークショップが無事に終わりました。

海のものとも山のものともつかない創作楽器に集まって下さった皆さん。
その勇気と直感力に拍手を送りたい!!

本当に有り難うございました(≧∀≦)

ワークショップではまず私達が弾き聴いて頂いたのですが、皆さんがとても感性鋭く感じて頂き、中には「涙が…。」という方も。

次に、それぞれの3台の Dragon Heart を順番に弾いて頂き、そこでもまた各々の音の違いを、驚きと発見の喜びと共に感じて頂きました。

 Dragon Heart は先端に描かれているハートの上に石を置くだけで響きが変わるのですが、参加者の方にもそれを体験して頂きました。

例えば大きな石であればその重さで響きが変わるんじゃないのかと思ってしまいますが、持ってきて頂いた1センチ位のちょっと細長い小さくて可愛いローズクォーツ、それを置いても響きが変わるんです。
それもまた驚きと共に体感して頂けました。


他にも持ってきて頂いたオルゴナイトを置いてみたり、中に入れてみたり、それらを弦に挟めてみたり…。

音の違いを存分に楽しんで頂けたように思いました。

最後に、 Dragon Heart 3台で形作った三角の中にお一人ずつ入って頂き、私達3人がそれぞれに思いのままその方に向けて弾かせて頂きました。

同じ演奏を二度と出来ないのが Dragon Heart ですが、その方に意識を合わせて弾くとそれがまたはっきりと分かります。


お一人お一人の個性の違いや必要なものが音に表され、(毎回「こんなん出ましたけど~note(←古過ぎ?)状態ですが ) こんなに違うのかと私も驚きながら弾いていていました。

それぞれの方に気付きと癒しが起きたようで、嬉しい限りです。


そして皆さんから頂いた感想にも、私達は感動と感激の嵐 !!


 Dragon Heart を本当に深く受け取って頂き、対等に起きる喜びの循環が本当に嬉しく、それを分かち合えるのもまた喜びとなりました。
皆さんからの言葉でも Dragon Heart への自信と確信を頂く素晴らしいギフトとなり、私達もずっと感動と感激のしっぱなしでした。

Atsukoさんは翌日もそれを何度も反芻して喜びに浸っていました(笑)


参加して下さった方々、HANAPEKOのオーナーのSakiさん
素敵な場所をお借り出来、素晴らしいワークショップが出来たことに心から感謝しております。

有り難うございました(*^^*)


*♡*♡*♡*♡*♡*

12月8日(木)札幌でもワークショップをします。
是非あなたも音で驚き楽しみ癒される体感をしてみませんか?


 感覚楽器 Dragon Heart ワークショップの後、二部構成で、引き続きAtsukoさんの最先端のキレッキレの雫(最早雫の域を超えているけれど(笑))の上映会もあります。


一部だけ、または二部だけ、そして通しでご参加頂けます。


お申し込みはangelitekazumi@gmail.comまたは Dragon Heart ホームページ【いまここ歓喜*】の お問い合わせ/イベント申し込み等 の欄からお申し込み下さい。


当日飛び込み参加もOKです(^_^)v

スピリチュアルアドバイザー、ヒーリング、ダイエット
Angelite plus のホームページはこちらから。

2016年11月29日 (火)

私の本質に触れる*発する感覚楽器 Dragon Heart ワークショップat東京

Picsart_1129080938

こちらは定員になりました。有り難うございます(*^^*)

いよいよ12月3日の今週末に迫ってまいりました
私の本質に触れる*発する感覚楽器【 Dragon Heart 】ワークショップ & 雫 Photograph 上映会 at東京shine


たくさんの方に Dragon Heart の面白さと深さを体験して頂きたいという前半と、 Dragon Heart を私と一緒に作っているAtsukoさんのマクロの雫の写真と Dragon Heart のBGM(?)が流れるスライドショーの二部構成です。


もちろん片方だけの参加もOKです。


 Dragon Heart では、自由気ままに発する音と遊ぶという感覚を是非味わってみてください。

実は Dragon Heart を手にした当初の私は ハートが閉じぎみだったんです。

自己否定や自分を責めることを長々やって来ていた為、何かがあると直ぐに閉じるという性質があり、Atsukoさんの細い指の優雅な弾き方と繊細な音に、自分の太くて短い指と繊細にはならない音を比較してしまい、なかなか思いのままに弾けませんでした。


けれど、 Dragon Heart を弾いているうちに、どんどんありのままで良いんだと自分を認められ、比較せずにいられるようになっていきました。


だからもしかしたら比較したり自己愛が足りない方は、最初のうちはなかなか没頭出来ないかもしれません。
でもそれも私がそうだったように、弾いているうちに気にならなくなってくると思います。

私と同じような方には是非体験して頂き、ありのままを受け入れられる感覚を体験して頂きたいと思います。

なんせ音階がないので、上手いも下手もないですし(笑)

出したい音を探して弾いても…、この音という好きな音だけを出しても…弦を擦って音を出しても…、側面を叩いて太鼓のように使っても…、お腹に乗せて弾いても…、とにかく思いのまま何をしてもOKなのが Dragon Heart 。

 Dragon Heart でどんどん枠を外して自分を受け入れて下さい。

ちなみに私は、学生時代には器楽演奏や合唱部に所属し、合唱部では微妙に下がる人の音が許せない位でした。

なので 完璧な和音こそ癒されるものであり、不協和音の音には耐えらず寒気が起きる程でした。


更に、神の音と言われている528 Hz(ヘルツ)とか、これは素晴らしいと言われている周波数の物にも憧れていて、 Dragon Heart も制作時そういう周波数に合わせて作りたいと思っていました。

ところが弦を張ったら、下の木材がそれほど固くなかった為に微妙なずれが起きてきて、その周波数を維持出来なかったのです。


その時にAtsukoさんの、
「この周波数だから素晴らしいってどうなんだろう?

それは人間が勝手に決めたものじゃない?

じゃあ自然のありのままの音は…、風や水の音は素晴らしくないんだろうか?

それが素晴らしいものでない筈がないのに。」

という何気ない言葉を聞いてハッとしました。

そうだ、これだから素晴らしいとか、何だから素晴らしいとか、神様はそんな制限本当はつけてないよねって。

全てが必要で意味があってここにある。
良いも悪いもない。


「all O.K.」弾いているとそんな言葉を感じる Dragon Heart です。


長くなってしまったので、明日またAtsukoさんのスライドショーについてはお話させて頂きますね。

まさに先端 !! ということだけは先にお伝えします(^_-)


Dragon Heart ワークショップは後お一人です。気になる方はお早めにお申し込みくださいね。
詳しくは Dragon Heart ホームページイベント情報をご覧ください。
お申し込みは、ホームページの 【お問い合わせ/イベント等お申し込み】欄からお願いします。


その他のカテゴリー